ブログの名前なんて適当で良いのでは

説明を求めるな、記事を読め

Rustの勉強がてらVirusTotal Public APIを利用したライブラリを作ってみる

最近あまりブログというものを書いていないので文章の感じがわからないですが,とりあえず今僕はインフルエンザB型にかかって安静にしています.

さて,本題ですが,最近というのも半年ぐらい前からたまにRustを書いています. 最初は弊団体Cpawの夏合宿で,Rustを0から勉強するというところが発端で,参加した数人はもうRustは嫌で書いてなさそうですが,僕は割と体にあったのでちょこちょこ書いています. 以前は,RustでCASL2/COMET2周りを書いたりしました.

encry1024.hatenablog.com

今回は,HTTP周りを触りつつ,Rust製が見当たらなさそうなものを何か作りたいなぁと思って見つけたのがVirusTotal APIを利用したライブラリでした.Google検索でRust VirusTotalで調べると以下が出てきましたが,見ての通り中身が何もない開発が止まっているリポジトリです.

github.com

本当に無いのかは,もう検索するのがだるくてやらなかったですが,さっさと土台を作ってしまいましょう. ということで,VirusTotalのURLの検査だけ完成したので公開しました.

github.com

このライブラリを使うと,こんな感じでURLのスキャンとそのレポートを見るコードを書くことができます.

extern crate virustotal;

use virustotal::*;

fn main() {

    let api = "Your API KEY";
    let url = "The URL you want to check";
    let res = url::scan(api, url);
    println!("{:?}", url::report(api, &res.scan_id.unwrap()));
    
}

まだテストコードも無くて雑な感じですが,public apiは個数が少ないので,そのうち完成しそうという未来が見える開発という点で気持が楽ですね.ぶっちゃけあまりRustをわからず雰囲気で書いているので,書き方のコツとかあったら教えてください.