ブログの名前なんて適当で良いのでは

説明を求めるな、記事を読め

ansibleを体験してみる(2)

前回の記事では,とりあえず普通のansibleコマンドを使ってみた.今回はansible-playbookで遊んでみる.環境については前回と同じ.

encry1024.hatenablog.com

目標

2つのVMにたいして,slコマンドをインストールしてみる.

Playbookを書く

まずはじめに,playbookを適用する対象となるホストを設定する.今回はtargetグループである.becomeでその後切り替わるユーザを指定することができる.これをyesにしておくことでrootになれる.次に実際のやることを明示するためにtaskでグルーピングし,この処理の概要を記したnameを埋めたら,実際に行う作業について記述する.今回はaptでslを入れるだけなのだが,他にオプションがついているので見ていこう.state=presentとは,インストール済みならそのままにするというオプションで,update_cache=yesが,aptのインストール時に,予めアップデートするための設定.たぶんapt updateが走っているのかな.

- hosts: target
  become: yes
  tasks:
    - name: install sl via apt
      apt: name=sl state=present update_cache=yes

これをinstall_setup.yamlとして保存しておいたので,以下のようにコマンドを打つ.

ansible-playbook install_sl.yaml -i inventory

実行後,以下のような感じの画面がでれば成功(これは二回目だからちょっと違うところあり)

PLAY [target] ************************************************************************************************************************************************

TASK [Gathering Facts] ***************************************************************************************************************************************
ok: [vm1]
ok: [vm2]

TASK [install sl via apt] ************************************************************************************************************************************
ok: [vm1]
ok: [vm2]

PLAY RECAP ***************************************************************************************************************************************************
vm1                        : ok=2    changed=0    unreachable=0    failed=0
vm2                        : ok=2    changed=0    unreachable=0    failed=0

感想

yamlでかけるので,わかりやすくて良いなと思った.かなりモジュール命な気がしてきたので,便利そうなモジュールを全部探してみる.複数台管理するときには,良いと感じた.まだまだ「Ansibleで安心ぶる」ができない知識量なので,実践投入していろいろ試してみようと思った.